クレジットカードの審査

クレジットカード審査まとめとは

クレジットカード審査まとめでは、クレジットカードの審査をはじめ、クレジットカード会社の審査基準、クレジットカードの審査項目などなど...

 

カード審査に関する情報を配信しています。クレジットカード審査落ちしたのは何故?、どうしてクレジットカード審査に通らないの?、etc...

 

、といったクレジットカード審査に通らない理由や審査に関する疑問もこのサイトを見ればきっと分かるはず!?是非、参考にして下さい。

 

クレジットカード審査とは...

 

今の世の中、持っていない人の方が珍しいと思えるほど、普及率のあるクレジットカード。

 

中には、一枚に限らず複数枚所有して、使うシーンに合わせて使いこなしている人もいるようです。

 

クレジットカードをすでに持っている人なら分かると思いますが、クレジットカードを所有するにはカード会社の審査に通ることが必要になります。

 

現在、クレジットカードの申し込みはネットが主流となっていて、カード申込画面にある必要事項を入力して申込完了になります。その後、クレジットカード会社の審査を受けることになります。

 

その審査に通過すればカードをもつことができるわけです。そこで気になるのが、カード会社は何を基準に評価しているのかというと。このサイトでは、クレジットカード審査についてまとめました。

 

クレジットカード審査では3つの項目を重視

 

クレジットカード会社が審査をする上で、まずはじめに重視する項目というのが、「安定した収入」「返済能力」「居住場所」の3つです。

 

安定した収入=返済能力・意思がある。居住場所がしっかり分かる=返済の遅れなどトラブルがあったときにいつでも連絡が取れる。

 

、ということから重視していますが、これは、審査をする上での基本的要素であって、実際には様々な情報を元に申込者の信用を測ります。

 

審査というのはその名の通り、申し込みした人にクレジットカードを発行していいものなのかを見極めることです。審査というからには、通る人もいれば、落ちる人もいるわけです。

 

審査はスコアリングシステムを採用

 

クレジットカード審査は、年収、職業、住所、さらに、過去の借入状況といった情報を総合的に考慮して判断されています。

 

これらの情報は申込時に記載した内容が参考になります。カード会社はその内容を項目ごとに分けて点数をつけていきます。

 

これをスコアリングシステムといいます。項目には、年齢、年収、職種、勤続年数、住居形態、居住年数、家族構成...

 

、といった様々な属性があり、どの属性を重視するかはカード会社やクレジットカードの種類によって違ってきます。一般的には、年齢と職業形態の項目が、重要な属性になっているようです。

 

信用情報機関への情報照会

 

クレジットカード申込みの際に、自己申告した情報以上に重要視されてくる情報が、過去の借り入れ状況や返済履歴です。

 

ただ、申込の時に入力したり記載した情報では、経済面に関する状況について、カード会社は確実な情報を得ることはできません。

 

そこで、クレジットカード会社は、信用情報機関といわれる機関で照会をするわけです。そこには、金融業を行っている業者...

 

クレジットカード会社、銀行、信販会社、消費者金融などを利用している者の情報が集まり、更新・管理されています。そのため、過去にローンの返済で延滞を繰り返したことがある...

 

、といった場合は履歴が残りますし、消費者金融のキャッシングで借り入れをしていることなどもすぐに分かりますので、そういった場合は、カード審査ではマイナス要因となってしまいます。

 

参考サイト: 審査で比較!クレジットカード

 

 

クレジットカード審査の小話・・・

クレジットカード審査といえば、新規にカード申し込みをする場合も気をつけてくださいね。
クレジットカードの申込みをすると、カード会社は必ずセンターに照会をかけます。

 

信用情報機関が管理している個人情報の履歴は、6カ月間残ります。例えば、短期間に複数のクレジットカードを申し込こんでしまうと、審査に通らないことがあるのです。カードをたくさん作りたいということは、多重債務などの疑いを持たれる可能性があるからです。